駆除バスター【鳩やスズメバチの脅威は素人では危険すぎる】

Operator

注意すること

作業員

スズメバチ駆除は専門業者の作業に任せましよう。危険が伴う作業はプロに任せて安心です。また自分の家の庭のスズメバチが通行人を刺してけがを負わせてしまったら家主の責任が問われることになりますので注意が必要です。

» もっと詳しく

専門業者による害獣駆除

虫

ハクビシン駆除は、専門業者におこなってもらうことが確実です。ハクビシンを追い払った上で、糞尿の清掃や殺菌消毒、侵入口を塞ぐといった対策をおこなってくれるのです。住みつかれる前なら、個人でも追い払うことが可能です。ハクビシンの嫌う石油や酢の匂い、くん煙系の殺虫剤や爆竹などが有効です。

» もっと詳しく

早めに対策

作業員

住宅の老朽化が進むとシロアリに侵入を許してしまい、住宅に深刻なダメージを与えてしまう可能性があります。そのため、シロアリをしっかりと駆除するためにも専門の駆除業者に依頼する様にしましょう。

» もっと詳しく

専門に任せるのが一番

スズメバチの駆除は全国区

駆除

スズメバチは毎年8月頃になると活発に動き始めます。 本来は山林などの土の中に巣を作って生活しているのですが、近年は民家の屋根裏や倉庫などに巣を作る事が多くなりました。 その理由は、生ゴミなどの餌がある事や土の中よりも雨や外敵に触れる事が少なく、ハチにとって快適だからです。 10月頃まで活発で、ハチの中では最も攻撃性が強く、毒も強いです。 大変危険なので、スズメバチの駆除は全国各地で毎年行なわれています。 スズメバチの駆除は、素人では危険すぎますし、それなりの道具や服装が必要になります。 ですから必ず専門業者に依頼する事が大切です。 ちなみにスズメバチに刺されると、アナフィラキシーショックというアレルギー反応を起こします。

アナフィラキシーショックについて

スズメバチは、巣に近づいただけでも攻撃してくるほど凶暴なハチです。 刺されると痛みも激しく、呼吸困難や、全身の湿疹などの症状が現れます。 スズメバチの針には毒があり、全身に毒が回る前に、一刻も早く病院で治療しなければ命にかかわる事にもなりかねません。 このように大変危険なので、スズメバチを見かけたら近くに巣があるかもしれないと警戒する事です。 巣は自分で探す事は避け、もし偶然見つけた場合でも、近づかない、巣の近くで大きな音を立てたり、大きく素早い動きをしないようにすることが大切です。 そのような状況になったら、スズメバチの駆除業者に調査を依頼してもらうのがおすすめです。また、スズメバチ以外にも厄介で身近な動物として認知されているのが鳩であり、民家や公共施設などで大量発生しないように専門の駆除業者が利用されている機会も多いです。