駆除バスター【鳩やスズメバチの脅威は素人では危険すぎる】

Operator

専門業者による害獣駆除

ハクビシンの駆除

虫

野生のハクビシンが住宅に出入りするようになった場合、住みつかれてしまう前に、早急にハクビシン駆除をおこなう必要があります。住みつくと、住宅内の食料をあさられてしまうだけでなく、騒音や糞尿による被害がもたらされることになります。また、天井裏の断熱材がかじられてしまうこともあり、その場合は断熱効果が失われる上、住宅の耐久性が下がります。 ハクビシン駆除は、害獣駆除の専門業者におこなってもらうことが確実です。専門業者によるハクビシン駆除なら、ハクビシンを追い払うだけでなく、糞尿の清掃や殺菌消毒もおこなわれます。また、侵入口を塞ぐといった対策もおこなってもらえるので、再度のハクビシン被害の発生が防がれるのです。

個人でおこなう対策

ハクビシンが住宅に完全に住みついてしまうと、上記のような専門業者によるハクビシン駆除が必要になります。しかしまだ住みついておらず、出入りをする気配があるだけという状態なら、被害を防ぐための対策を個人でおこなうことが可能です。 ハクビシンは石油の匂いや酢の匂いを嫌うため、それらをしみ込ませた布などを、侵入口付近に置いておくだけでも追い払うことができます。また、害虫退治のためのくん煙系の殺虫剤を使用することも効果的です。 もちろん侵入口を塞ぐことも有効なのですが、中に入っている状態で塞いでしまうと、餓死するので死骸の処分が必要になってきます。そのため、まずは爆竹などを使って驚かせ、確実に出て行かせてから塞ぐことが大事です。